ダイヤモンドヘッド・トレイル(1)

a0126310_2162730.jpg
今回は、ワイキキからカピオラニ公園を挟んでさらに東側に位置するダイヤモンドヘッドへの登山、ダイヤモンドヘッド・トレイルをご紹介します。

ダイヤモンドヘッドに向かうには、ワイキキのクヒオ通りにある停留所から、23番ザ・バス(行き先表示はどれでも結構です)か、あるいは22番(行き先表示はどれでも結構です)のザ・バスに乗車します。

余談になりますが、22番はハナウマ湾に行くときに利用するザ・バスといえます。

ハナウマ湾は人気スポットであるため、22番ザ・バスはいつも込み合っていますが、この路線を利用するのであれば、22番の出発点にあたる、クヒオ通りとカピオラニ通りの分岐点にあるゲートウェイ公園の停留所から乗車されることをお勧めします。

クヒオ通りを抜けたザ・バスは、まもなくカピオラニ公園を周回しながら進んで行きますが、やがて進行方向の右側にはダイヤモンドヘッドが見えきます。

ザ・バスは、右側のダイヤモンドヘッドを周回するように進行して行きますが、やがて向かって右側の住宅街は途絶えることになり、ダイヤモンドヘッドの斜面だけが大きく見えてきたら降車の準備をしてください。

向かって左側(ダイヤモンドヘッドの反対側)には、コミュニティカレッジの敷地が見えてきますので、ちょうどこの向かいにあたる停留所がダイヤモンドヘッド・トレイルの登山口になり降車をします。

この停留所では、ダイヤモンドヘッドへの多くの登山者が降車することになりますので、あわてず周りの人にあわせながら一緒に降車すればいいと思います。

また、健脚な方であれば、カピオラニ公園を突っ切って歩いて来れば、45分もあれば登山口まで到着します。

上の写真は、ダイヤモンドヘッド・トレイルの登山口ですが、ダイヤモンドヘッド・トレイルは、朝は6時に開門となり、夕方は6時に閉鎖されますのでご注意を。

また、登山口からダイヤモンドヘッドの頂上までは、約1時間くらいの手軽なトレッキングコースになっています。

まずは、トレッキングコースの入り口付近から、しばらくなだらかな上り坂が続きます。

右手にクレーターの斜面を見ながら登っていくことになりますが、やがてオアフ島南東部を見渡すことができるような休憩所に行き当たります。

下の写真は、この見晴らしの良い休憩所から「カハラホテル」方面(さらに向こうはココヘッドクレーターです)を遠望したものです。

「カハラホテル」は、歴代のアメリカ合衆国大統領の宿泊所になるなど、オアフ島では一番のホテルといわれています。
a0126310_21361193.jpg
そして、休憩所のすぐ先にあるトンネル(下の写真)の向こう側が、ダイヤモンドヘッド・クレーターの内側にあたります。

トンネルは、ダイヤモンドヘッド・トレイルのウエルカムゲートと言えるのかもしれません。

トレイルのコースは、クレーターのフラットな底辺部を横切ったあと、内縁部から九十九折(つづらおり)に登りながらクレーターの頂上(展望台)を目指すことになります。
a0126310_2184824.jpg

アテンションをいただきありがとうございます。ポチィと応援お願いします。
  ↓
にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]
by kokokara-message | 2010-01-27 21:53 | ダイヤモンドヘッド・トレイル