台北 臺一牛奶大王(タイイーニュウナイダーワン)の芒果牛奶氷(マンゴーかき氷)

a0126310_09090677.jpg
台湾大学の真向いにある、老舗デザート専門店「臺一牛奶大王(タイイーニュウナイダーワン)」の芒果牛奶氷(マンゴーかき氷)を食べに行ってきました。

台湾大学は、地下鉄公館駅を降りてすぐのところにあります。

台湾大学は、台湾一の名門大学であり、かつての日本帝国大学のひとつです。

a0126310_09100302.jpg
a0126310_09121109.jpg
ご覧のようにキャンパスはとても広く、まさに名門のたたずまいです。

a0126310_09103263.jpg
そして、老舗デザート専門店「臺一牛奶大王(タイイーニュウナイダーワン)」は、台湾大学正門前から大通り(新生南路三段)に沿って約200mのところにあります。

a0126310_09072276.jpg
では、臺一牛奶大王の店内に入ることにします。

a0126310_09070855.jpg
オーダーは、店内入ってすぐ左のカウンターです。

ご覧のメニューの看板はありますが、オーダーする時に指が差させるメニューはカウンター上にありません。

また、店内で日本語と英語はほとんど通じないようです。

a0126310_09064997.jpg
このため、北京語でオーダーするしかないのですが、北京語が話せない人のために、カウンターの反対側の壁に主だったメニューの写真が貼られていました。

北京語が話せない人は、壁に貼られた写真を指差してオーダーするしかないようです。
a0126310_09073985.jpg
私は、上の写真を指差してオーダーしたため、下の写真の奶酪(パンナコッタ)がトッピングされた芒果奶酪牛奶氷(マンゴーかき氷)が出てきました。008.gif

a0126310_09075082.jpg
臺一牛奶大王では、芒果牛奶氷(マンゴーかき氷)以外にも、あずきと団子をトッピングした紅豆小湯圓牛奶氷(もち金時かき氷)が看板メニューのようです。

そして、冬季(9月から4月)には、このあずきと団子をもちいた紅豆湯芝麻湯圓(ごまだんごぜんざい)が看板メニューに替わるようです。

夏はかき氷、冬はぜんざいや鯛焼きは、日本の甘味処でもよく見られる光景ではないでしょうか。

a0126310_09082878.jpg

a0126310_09085765.jpg
臺一牛奶大王のかき氷(牛奶氷)は、どれも戸惑うほどの大皿に盛られています。

大盛りは、学生街の食堂で見られる万国共通のサービスのようですね。003.gif

50年以上続く老舗デザート専門店「臺一牛奶大王(タイイーニュウナイダーワン)」で、伝統の芒果牛奶氷(マンゴーかき氷)の味とボリュームを試してみるのはいかがでしょうか。

住所:台北市新生南路三段82號
電話:02-2363-4341
営業時間は10:00~24:00(定休日なし)らしいですが、ご自身でご確認を。

[PR]
by kokokara-message | 2015-07-26 22:18 | 台北